昭和ラスト世代の僕が選ぶ学生時代を思い出す邦楽(中学生編)

昭和63年生まれのラスト昭和世代のわたくしtaharaが中学時代を思い出の邦楽を集めました。

世代の近い世代は同じように中学校時代の思い出が、世代の違う方は小学校や高校、大学時代など他の学生時代の思い出、もしくは特別な記憶が。

 

まずは僕が中学生だった2001年4月〜2004年3月の間にリリースされた曲11選

そして中学生だったリアルタイムにリリースされた曲ではないけれど、思い入れの強い曲を4選

計15曲選びます。

 

困難を極めた作業です。笑

 

よろしく御願いいたします。

 

2001年4月〜2004年3月の間にリリースされてリアルタイムな思い出が詰まった曲11選

1

lifetime respect / 三木道三

2001年5月リリース
むちゃくちゃいい歌詞なのに当時は完全にネタでしかなかった。
中学生にはまだ大人すぎましたね。
改めて聴くとむちゃくちゃ懐かしいしいい曲だなと思えます。

 

2

波乗りジョニー / 桑田佳祐

2001年7月リリース
この頃は大好きなサザンが活動を控えがちで(たー坊の休養、脱退もあり)
桑田さんのソロ活動が目立ってた。

タイトル「波乗りジョニー」は桑田さんがサザン結成以前からあたためていた
(いつかこのタイトルで曲を作ろうと考えていた)ものであり、
もともとは「愛よもう一度」というタイトルの予定だったが、
所属事務所アミューズの受付のお姉さん達に聞いたところ
「波乗りジョニーの方がいい」と言われたのが決め手らしい。
永遠の夏の定番曲。カラオケではモノマネ必須。

蛇足
ゴールデンボンバーのサザンの曲をオマージュした
TSUNAMIのジョニー」も好きです。

 

3

銀河鉄道の夜 / GOING STEADY

2001年7月リリースのアルバム「さくらの唄」収録
峯田ほど歌詞を聴き手にストレートにぶつけるやつがいるだろうか。
甘酸っぱい感情、どうしようもない感情。
酸いも甘いも全て峯田が代弁してくれた。
カラオケで大声で叫ぶのが最高である。
もちろん銀杏BOYZも好きだけどとりあえずは蛇足はつけません。

 

4

二人のアカボシ / キンモクセイ

2002年1月リリース
自らをポピュラーミュージックグループと名乗ってた彼ら(CDの帯にそう書いてた)
哀愁ある歌謡曲メロディはまさに中学時代を思い出すにうってつけ。
この曲以外あんまり知らないけど、この曲は大好き。
カラオケでもよく歌う(今でも)

 

5

桃色片想い / 松浦亜弥

2002年2月リリース
アイドルという存在では中学3年間で一番の衝撃。
歴代アイドルのなかでも随一の存在だと思う。

 

6

fantasista / dragon ash

2002年3月リリース
日韓W杯の民放各社のテーマソング。
聴けばあの興奮が蘇る。特にベルギー戦の鈴木隆行のゴール。
いわゆるミクスチャーロックはとてもカッコよく聴こえた。
カラオケで一人で歌い切るのがむちゃくちゃ楽しい。

 

7

sons of the sun / 麻波25

2002年4月リリース
中学生くらいってなぜかラップとかにはまる頃。
リップスライム、kick the can crew、ケツメイシ
など多くのアーティストがこの頃有名になりだした。
彼らもこの曲はむちゃくちゃ流行ったけどその後尻つぼみ。
終いにはメンバーが大麻栽培とかで逮捕されたり。
なんやかんや残念。

 

8

明日への扉 / I WiSH

2003年2月リリース
我らの青春「あいのり」の主題歌。
川嶋あいは大学時代に学祭に来たこともあるのでいろいろ懐かしいです。

蛇足
明日への扉の原曲である「旅立ちの日に」も最高です。

 

9

always / 光永亮太

2003年2月リリース
坂口憲二と竹内結子主演のドラマ「いつもふたりで」のオープニング曲。
竹内結子大好きでした。
これも普通にカラオケで歌う。盛り上がります。

 

10

空に唄えば / 175R

修学旅行のバスのなかでかかってた。
うぉい! うぉい! うぉい!
175Rはこの曲と「ハッピーライフ」がセットですね。

 

11

さくらんぼ / 大塚愛

2003年12月リリース
うー いぇい うー! うー いぇい うー!
それ以上も以下もありません!
もう一回!
うー いぇい うー! うー いぇい うー!

 

 

 

続いて

リアルタイムにリリースされた曲ではないけれど、中学時代の思い入れの強い曲4選

 

青春 / THE High-Lows

2000年4月リリース
ブルーハーツがリアルタイム世代でない僕にとって、
ヒロトとマーシーはハイロウズからだった。
ヒロトからはいろんなことを教えてもらった。
ブルーハーツも大好き、クロマニヨンズも大好き。
しかし、ハイロウズは特別である。

 

空も飛べるはず / スピッツ

1994年4月リリース。
僕の中学校の卒業式は「これで第◯◯回卒業式を終わります」
という最後の締めの時に「ちょっと待った!!」と中断させ、
卒業生一同からお世話になった先生に感謝の辞を述べるという伝統がある。
その締めに卒業生が皆で決めた曲を1曲流して終わりなのだが、僕らの代の曲がこれ。

 

stay gold / Hi-STANDARD

1999年6月リリースのアルバム「MAKING THE ROAD」収録
これをなくして青春が語れるだろうか。
語り尽くせない思いは心に留めておきます。

 

旅立ちの日に / 合唱曲

埼玉県秩父市立影森中学校の教師が作った卒業式定番曲。
この曲をいれないわけにはいかない。僕も卒業式はこれでした。

 

以上です。
もう選びたい曲がありすぎてこのブログ書くのをやめようかと思ったくらいです。笑

 

まず洋楽選んでませんし。
洋楽も入れたら絶対に選びきれる自信ないので

(筆者は洋楽のほうが好き)

 

皆様の中学生を思い出す曲はなんですか?
出会いと別れのこの時期、様々な思い出に浸り自分と向き合う。
それもまた素晴らしい時間ではないでしょうか。

そして
この春卒業の皆様は本当におめでとうございます!!!!
あなたが今聴いている曲は、後に素晴らしい思い出をきっとまといますよ!!

 

 

終わり。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中