フジロックに出店の手伝いで参戦してきた話

今年は7月22日〜24日に開催されたフジロックフェスティバル。

 

そのフジロックに聴衆してではなく、出店の手伝いでスタッフとして参戦。

 

出発は21日の22時30分過ぎ。

車に資材等を積んで大阪を発つ。

目指すは600キロ離れた苗場。

 

夜通し交代で運転して8時間ほど。

22日6時30分ごろ。

到着。

 

IMG_5635.jpg

 

20日に先に現地入りし準備や前夜祭を対応していたスタッフと合流。

資材の搬入や仕込み等の準備を行う。

 

今回の出店エリアはOASIS。

最大の収容人数を誇るメインのグリーンステージや

唯一の屋内ステージとなるレッドマーキーからも近く

場内最大の飲食エリア。

参考URL→http://www.fujirockfestival.com/stage/

朝9時から翌朝5時まで営業しているエリアである。

 

ファイル 2016-07-27 21 55 51

 

IMG_5634

 

だからもちろん僕はそのまま寝ることなく店に立った。

20時間営業をこなし、4時間の間隔を空けまた営業がスタート。

を3日間続けた。

 

睡眠時間はこの4時間のうちに少し。

場所は車中のときとキャンプ場の時と。

 

ファイル 2016-07-27 23 09 38

 

あとは合間合間に1時間くらいの仮眠をたまに。

とりあえず半端なくキツかったというのだけは言える。笑

 

そんな疲労困憊でもなんとか乗り切れたのは

店の裏がちょうどレッドマーキーでめちゃくちゃ音が聴こえたこと。

レッドマーキーは屋内ステージなのもあり音がめちゃくちゃ良かったと思う。

キャパは5000人ほどで、期待の新星からベテランまで幅広いラインナップ。

それがもうよかった。

 

 

僕はいなかったが21日の夜には前夜祭もあった。

夜中はクラブさながらのDJサウンドが鳴り響き朝5時まで演っている。

 

各日程の個人的に印象深かったアクトを紹介しておく。

 

22日

oliver heldens

まさかフジで聴けるとは。

深夜のアクトだし、ロックフェスだし。

ultraとかtomorrowlandでもデカいステージで演ってるし。

そんな彼をこの大きさのハコで観れるのは貴重。

トイレ行くがてらステージ入って写真撮ってしまった。

 

IMG_5576

 

楽曲は参考に。

 

 

23日

kula shaker

いや〜よかった。

マジで。

今年は6年ぶりの復活でフジに来るなんてね。

もっとデカいステージで演ってもおかしくないのに。

 

 

 

24日

DMA’S

オーストラリアのインディーズバンド。

心地いいポップさ、まんまoasisやんて言いたくなるサウンド、歌い方。

確信犯です絶対。

 

 

他にもいろいろ挙げたいけど割愛。

 

一つ感じたこと。

午前中とか午後過ぎくらいのアクトより、後のアクトの方が明らかに音がデカいかった。

ベースとか低音の響き方も全然違った。

レッドマーキーの音は隣接するOASISにまる聴こえだし、

夜のアクトの方が大物だから当たり前なんだろうけど。

1日ずっと近くにいるとそれがわかって興味深かった。

 

 

今回出店の手伝いにあたってfbやインスタとかで更新したらやっぱり反響があって、

店まで来てくれた知り合いがいてそれもまた乗り切れた理由。

会社員時代の同期、大学の後輩などなど。

疲れてたし、時間もなかったからロクに絡めなかったけどめちゃくちゃ嬉しかったです。

この場で改めてありがとうと言いたい。

 

 

個人的フジロックのすごいとこ。

1 電子マネーが使える。

IMG_5563

 

なんかの記事で見て使えるのは知ってたけど出店の各店舗にもちゃんとあったことが驚き。

フェスとかは現金あんまり持ち歩きたくないし、本当にいいなあと。

 

会場でチャージはできないので皆10000円以上とかチャージしてあった。

suicaの人が大半だったが、

icocaとかsugocaとか使う人もいて

やっぱいろんなとこから参戦してるんだなあと。

 

 

2 皆楽しみ方を知ってる

フジロックは宗教だなんて聞くこともあるくらい

リピーターの多いフジロック。

 

音楽を聴く以外にもいろいろできるなかで

参戦している皆が各々のスタイルで楽しんでるという印象だった。

 

サマソニ、ロッキンオン、ラッシュボール、レディクレ・・・

などなどいろんなフェスに参戦したことはあるけど

フェス内での自由度の高さ、参戦者の意識など

フジロックはやっぱ一線を画す感じだった。

 

 

3日間とも天気に恵まれ雨はほぼ降らず。

これもフジロック的にはかなり珍しいことだと思う。

出店する人間側としてもぬかるんだりしなくて本当に助かった。

 

 

最終日の翌5時になって営業が終わった時はもういろんな感情があったけど

とりあえず眠すぎて

場外エリアで皆と一息ついてるさなかに早くもスヤアしてしまった( ˘ω˘)

 

IMG_5613

 

この後テントに戻り数時間寝て25日は片付け。

さすがにこの疲れた身体で大阪まで帰るのは拷問なので

この日は宿に泊まって翌26日に帰阪。

 

なんかもう怒涛すぎて遥か昔のようなんだけど

イチ音楽好きとしてこのような貴重な形で

フジロックに関わったことは本当に有意義だった。

 

いろんなおもしろい経験がしたいとか言って

会社を辞めてからいろんなことを経験してるけど

今回のこれもまたそのいろいろのなかでも

一つ大きな存在として残るだろう。

 

独りは好きだし自由だけど

やっぱり人とのつながりがあってこそできることは沢山ある。

今回もいろんな縁があってこそ経験できたこと。

人とのつながりは本当に財産だと改めて感じた次第である。

 

 

 

IMG_5629

 

ありがとうフジロック。

次は普通に聴衆として参戦します。

 

 

 

とりあえず殴り書いただけです。

読んでいただいた方ありがとうございます。

 

終わり。

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中